FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ポン酢の「ポン」ってなーに?

ポン酢というとレモンやライム、ユズ、カボスといった柑橘類の果汁に
酢を加えて味を調え保存性を高めたものが一般的ですが
このポン酢、オランダ語で
柑橘類の果汁全般を表す「pons」(ポンス)
が語源なのです。

日本でも、もともとは「ポンス」と呼ばれていましたが
やがて「ス」の部分に「酢」の文字が使われるようになったそうです。
そんな訳で「ポン酢」という言葉は「ポン」と「酢」に分けられるものではなく
「ポン」の部分に意味というのはありません。

ちなみにですが...
同じく「ポン」の付くものに
「ポンジュース」や「ポンカン」等が有りますが
これらは「ポン」の部分にちゃんと由来があるそうです。

「ポンジュース」
愛媛県の飲料メーカーの登録商標なのですが
その昔、当時の愛媛県知事が名付け親で
「日本一(ニッポンイチ)のジュースになれ」
という意味があるそうで
「ポンジュース」の「ポン」は「日本一(ニッポンイチ)」の「ポン」ふだそうです。
ちなみにのちなみになのですが
英字では「POM」と表されるため
「Power Of Mikan」の略であるという噂もあったそうですが
こちらはデマで「日本一」の方が有力だそうです。

「ポンカン」
原産国であるインドの地名「Poona」(プーナ)が由来でだそうです。
「Poona」を漢字で表した文字がが「椪」で
これを中国の読み方にすると「ピエン」、
その後、日本に伝わりいつしか「ポン」になったそうです。
ですので、ポンカンとは
「(インドの)Poona原産の柑橘類」
と言う意味だそうです。

関連記事

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。