FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

コーヒーや紅茶の受け皿(ソーサー)の本来の使い方

どこに注文してもコーヒーや紅茶には必ずと言っていいほど
受け皿(ソーサー)がついてきますよね?
これって、溢れても下を汚さない為だったり
スプーンなどを置くためのものだと思っていませんか?
確かに現代においてはこのような用途で出される事がほとんどです。
しかし、はるか昔18世紀頃には違う使われ方がされていました。

それはなんと!
「紅茶やコーヒーを注いで飲むためのもの」
だったそうです!!

18世紀頃のイギリスでは、紅茶をさましながら飲む習慣があり
中身を皿に移すことで熱いコーヒーや紅茶の温度を下げ飲みやすくしていたそうです。
しかし、この飲み方は少々無作法といわれ
労働者階級のやりかたと非難され、
やがてだんだんとこの習慣はなくなりお皿だけが現代に残った形だそうです。
信じるか信じないかは....(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

ではまた。

関連記事

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。